LIXILグループファイナンスのファクタリング

LIXILグループファイナンスのファクタリングシステムは、貴社のお取引先企業(以下「支払企業」といいます)が、貴社にお支払いする手形代金の債務を支払企業に代って弊社が引受けることにより、貴社において決済期日(従来の手形満期日)前に資金がご必要になったときに、ご必要なだけの資金を現金化(貴社のご指定する金融機関口座にお振込みいたします)して、お支払いするシステムでございます。
これにより従来、手形割引をもって資金調達されるよりも効率のよい資金調達が可能となります。
また、このシステムによって手形が不要になり、貴社の手形集金業務等の経費節減の効果が得られるメリットもございます。

このファクタリングの仕組みをご理解いただきまして加入されますことをおすすめいたします。

 

 

メリット

1.効率の良い資金調達ができます

   譲渡した債権の範囲内で必要なときに、必要なだけ資金の調達が可能になります。

 

2.経費が節約できます

  • 手形受領の領収証が不要になり収入印紙が節約できます。
  • 集金業務(人件費・郵送代・保険等)の経費が節約できます。

 

3.手形の盗難・紛失の心配がなくなります。

 

 

仕組み

仕組み

 

仕組み

 

 

お手続き・割引料・必要書類

 

お手続き

1.ファクタリング契約書の締結

貴社と支払企業と弊社の三者間で基本的事項のお約束として、ファクタリング方式への移行を合意する「ファクタリングシステム債権譲渡契約書」(以下単にファクタリング契約書といいます)を締結させていただきます。

 

2.支払明細書の通知

支払企業から貴社並びに弊社に対して、貴社への支払代金の額・支払日・決済期日を記載した支払明細書が通知されます。

 

3.債権の譲渡並びに承諾

支払明細書に記載された支払代金は、ファクタリング契約書に基づき貴社より弊社に予め譲渡され、支払企業がこれを承諾することになります。
これは、支払明細書にある支払日に、譲渡された支払代金が通知され、弊社が支払企業に代り貴社へ譲渡代金としてお支払いすることになります。

 

4.期日前支払の申込み

(1)貴社が支払日に譲渡代金の全額のお支払いを継続的に希望される場合。
弊社指定の「期日前支払申込書(包括扱)」をファクタリング契約書の締結と同時に弊社宛にご提出していただきます。

(2)貴社が支払日以降決済期日の前日までの間に譲渡代金の一部または全額のお支払いを希望される場合。
弊社指定の「期日前支払申込書(一時扱)」をその都度、弊社宛にご提出していただきます。

(3)貴社が決済期日に譲渡代金の全額のお支払いを希望される場合。
上記(1)、(2)の「期日前支払申込書(包括扱)」ならびに「期日前支払申込書(一時扱)」のご提出は不要です。

 

5.譲渡代金のお支払い

貴社が期日前支払をご希望にならない場合、または一部期日前支払後に残額がある場合には、その決済期日に貴社のご指定する金融機関口座に譲渡代金をお振込みいたします。
なお、期日前支払の場合は、お申込金額から割引料(未経過期間対応利息)及び振込手数料を差し引かせていただき、貴社の希望される日(毎月10日、20日、25日、末日)にご指定の金融機関口座にお振込みいたします。

 

 

割引料

貴社が譲渡代金の期日前支払を希望された場合に、お申込金額に対してお支払い希望日から決済期日までの間の未経過期間の金利です。

1.金利
割引料の金利は、原則として短期市場による調達金利に準じて決めさせていただきます。

2.支払方法
貴社のお支払希望日に弊社が振込みをする際、お申込金額より差し引かせていただきます。

 

 

必要書類

<ご加入時>

  • ファクタリングシステム債権譲渡契約書(三者間で締結)
  • 商業登記簿謄本、印鑑証明書
  • 取引代金受領に関する依頼書兼印鑑届
  • 期日前支払申込書(包括扱)

 

<ご希望時>

  • 期日前支払申込書(一時扱)
  • 一部適用除外申請書

 

 

ファクタリングについてのお問い合わせ

 

 

△Page Top